ヘイズとはインドネシアのスマトラ島やカリマンタン島の焼畑農業や山火事の煙や排気ガスなどの微粒子が原因となって起こる大気汚染のことです。ヘイズはインドネシアの乾季である4月から10月にかけて悪化し、汚染された大気は南西モンスーンによって隣国のシンガポールやマレーシアをも覆い、健康への影響が懸念されるようになります。

ヘイズによる健康への影響
ヘイズの強いときは目、鼻、喉などの粘膜が刺激され、目や皮膚のかゆみ、鼻水、咽頭痛、めまい、吐き気などの症状が現れることがあります。また、もともと心臓や呼吸器の病気がある人は症状が現れやすく、病気が重症化する可能性があります。
ヘイズの指標PSI
ヘイズの季節に窓の外の景色に注目すると、もやがかかったような日や、時には焦げ臭いにおいが感じられることがあります。このように感覚的に観察していなくても、シンガポールやマレーシアでは政府機関が常に大気の状態を科学的方法で調べ大気汚染指数(PSI)として発表していますので、大気汚染の状況を客観的な数値で知ることができます。PSIは二酸化硫黄(SO2)、二酸化窒素(NO2)、一酸化炭素(CO)、オゾン(O3)、粒子状物質(PM10)の濃度に加えて、近年問題になっている微小粒子状物質(PM2.5)の濃度も反映されています。PM2.5は髪の毛の太さの30分の1ほどの非常に小さな粒子のことで、吸い込むと肺の奥まで届いてしまうためぜん息や気管支炎などの呼吸器系疾患や循環器系疾患などのリスクを上昇させると考えられています。
PSIはシンガポール国家環境庁(NEA)のウェブサイト (http://www.nea.gov.sg/psi/)で1時間毎の値が発表されている他、ストレーツタイムズなどの新聞やテレビの天気予報でも知ることができます。

大気汚染指数PSIと一般的な助言(NEAウェブサイトより)

PSI

健康な人

高齢者、妊娠中の人、子ども

慢性的な呼吸器疾患または循環器疾患のある人

0~50(良好な大気状態)
51~100(やや不良な大気状態)

通常の活動

通常の活動

通常の活動

101~200
(不健康な大気状態)

長時間または精力的な屋外での肉体的活動は減らすべき

長時間または精力的な屋外での肉体的活動は最小限とすべき

長時間または精力的な屋外での肉体的活動は避けるべき

201〜300
(非常に不健康な大気状態)

長時間または精力的な屋外での肉体的活動は避けるべき

屋外での活動は最小限とすべき

屋外での活動は避けるべき

300超
(危険な大気状態)

屋外での活動は最小限とすべき

屋外での活動は避けるべき

屋外での活動は避けるべき

 
ヘイズの悪化しているときは
主な対策は次の通りです。ただ、体質の違い、心臓・呼吸器の疾患があるかどうか、屋外活動の程度の違いなどによって個人差がありますので、ヘイズの時期になったらPSIと自分の体の様子に毎日注目し、必要に応じて適切な対応をとるようにしましょう。
うがいと手洗い、洗顔の励行。入浴、シャワー。ヘイズの強いときはこまめに。
マスク着用。
室内の環境整備(加湿、空気清浄機の使用、クーラーのフィルターの交換・清掃、床の拭き掃除など)
禁煙
外出や屋外での運動を減らす、避ける。
ヘイズに関する情報を把握する。
症状があれば医療機関を受診する。
 
(参考:National Environment Agency ウェブサイト)
 
(記載された内容は2014年4月2日現在の情報に基づきます。将来は改定されることがあります。)
Copyright © Japan Green Hospital Pte Ltd. JGH Dental Pte Ltd. All rights reserved.